後遺障害慰謝料を請求するには

交通事故の被害に遭ってけがを負ってしまった場合、病院で診断、治療することが一般的です。しかし、裂傷や骨折などにとどまらず、治療では完治できないものがあり、後遺障害と呼ばれています。痛みを伴う神経症状や手足などの欠損、四肢の不自由や麻痺、大きな傷跡などが後遺障害にあたり、治療しても現状より回復、改善することができないと医師が判断すると治療を中止して症状固定を行うことになります。つまり、今後治る見込みがないと医師が判断し、事故による後遺障害として認定し、関係機関がその程度によって自動車損害賠償保障法や労働者災害補償保険法により、細かく等級分けをして障害等級認定をすることになります。

事故によって後遺障害が認定された場合には、後遺障害慰謝料を請求することができます。これは、入通院慰謝料とは別に請求できるものです。後遺障害の等級によって慰謝料が変わってくるため適切に認定を受けることが必要となります。申請するには、加害者が加入している自賠責保険会社を通すことになり、医師が発行する後遺障害診断書、自賠責保険会社が所有している後遺障害補償請求書、また交通事故証明書が必要となることもあります。一度、後遺障害の等級が決定されると覆すことはなかなか困難であるため、初期段階から弁護士とともに手続きを進めるといいでしょう。