慰謝料の請求も弁護士に相談

交通事故の被害者になってしまった場合、治療費などのほかに請求できるものとして重要な意味をもつのが慰謝料です。慰謝料とは交通事故によるけがなどを原因として被害者が肉体的・精神的に受けた苦痛に対する補償を意味するものです。例えば、事故で死亡に至った場合、当事者が親であっても子どもであっても残された遺族が被る精神的苦痛は計り知れないものがあります。慰謝料の請求を行う際にその基準となるのが、自賠責保険による基準任意保険による基準裁判による基準の3つです。誰がどのように加害者と示談交渉をしたかによって金額に大きな差が生まれることになるため、注意が必要です。

加害者側の保険会社が提示してくる賠償額は自賠責保険を基準としており、国が被害者救済を目的として定めた保険制度であるため、最低限の補償しかなされず、最も補償額が低くなります。任意保険による基準は被害者側の保険会社の担当者が加害者側の担当者と交渉をして決定される基準のことで、納得がいかない金額が提示される場合には、了承する必要はありません。裁判による基準は、別名、弁護士基準とも言われ、裁判を前提として交通事故分野に精通した弁護士が交渉を行うため、最も高い金額となります。裁判をしないでも弁護士が介入するだけで弁護士基準が採用されることもあるため、早い段階で弁護士に相談した方がいいでしょう。